川崎病 原因 症状 対処法 治療法

川崎病が原因の症状、対処法と治療法

スポンサーリンク

【川崎病は動脈に炎症が起こる病気】
川崎病は、全身の血管に炎症が起こる病気で、特に中型サイズまでの動脈に炎症が起こる病気となっております。
一般的に4歳位までの乳幼児が感染する病気となっておりますので、小さいお子様がいるご家庭では要注意となっております。
年間で10,000人程度の感染者がいる事から、乳幼児の保護者の方も他人ごとではありません。

 

 

【川崎病の症状】
川崎病が原因の症状は徐々に症状が変化して行きますので、なるべく早い段階で病院に行く必要があります。
基本的には最初に発熱、鼻水、咳がひどいという風邪に良く似た症状が置きます。
その後、徐々に全身の血管に炎症が起きるようになっており、とても辛い状態が続きます。
川崎病が原因の症状は、一般的には一週間から二週間程度で完治する事が多いのですが、病状によっては一ヵ月以上かかるケースもありますので油断は禁物です。

 

 

【咳がひどいなど見落とせない川崎病の初期症状】
川崎病が原因の症状は、早期発見、早期治療がとても重要な病気となっております。
川崎病が原因の症状の対処法には、咳がひどいなどのような、この病気を発見する事ができる症状をしっかりと確認しておく必要があります。
川崎病が原因の症状だと疑うべき症状は、5日以上の発熱、発疹、イチゴ舌、両目が充血する、手足が赤くなり腫れる、手足が固くなる、首にあるリンパ節が腫れて痛い、そして咳がひどいなどの症状があります。
川崎病が原因の症状は、風邪やおたふく風邪、りんご病と酷似している部分もありますが、疑わしいと思ったら早目に病院に相談しに行くようにしてください。

 

川崎病が原因の症状だと疑うべき病状を覚えておけば、疑わしいと思った時に、直ぐに病院で診察、検査を受ける事ができます。
小さな子どもにとっては大きな負担になりますので、咳がひどいなど気になる状況がきましたら、なるべく早く病院へ連れて行ってあげてください。
特に乾燥する季節は咳がひどい状態になりやすいので要注意です。

 

 

【川崎病の後遺症が残る確率】
国の難病にも指定されていて、未だに分からない部分が沢山ある川崎病は、そもそもの感染する原因が不明となっている病気です。
川崎病が原因の症状は、後遺症が残ったりすると、偏頭やけいれんなどの後遺症が出る可能性がりますので完治後にも不安が残る病気です。
川崎病が原因の症状の後遺症と言えば冠動脈瘤が有名ですが、冠動脈瘤ほどではありませんが頭痛が残るケースが増えて来ております。
そもそも冠動脈瘤などの後遺症が残る原因は、2.6パーセント程度ですのでそこまで多い確率ではありませんが、心配しておいて間違いはありません。

 

 

【川崎病の後遺症で頭痛が残る原因】
川崎病の後遺症で頭痛が残る原因としては、脳の血管に炎症が起きる事が挙げられます。
この病気は全身の血管に強い炎症を起こす難病となっているのですが、その闘病中に、酷い炎症が起こってしまうと血管自身も炎症を抑える事ができなくなってしまいます。
その炎症によって血管が狭くなってしまったり、詰まってしまうような症状が現れます。
この血管のつまりや狭くなった事によって頭痛という後遺症として現れてしまうのです。

 

 

【もやもや病に繋がる】
頭痛の後遺症が残った際、そのまま放置してしまっていると、もやもや病に代表される脳の血管障害などが原因の病気に発展する可能性があります。
このもやもや病は可愛らしい名前ながら症状は決して軽くありません。
症状が進むと麻痺やけいれん、頭痛、意識障害、脱力などの危険な症状が現れてしまいます。

 

川崎病は、まだまだ分からない所が多い病気なので、治療後も気が抜けません。
特に安心していて市販薬などで頭痛を止めていたりすると症状が徐々に進んでいき、取り返しのつかない事になるケースもあります。
小さなお子様が感染するケースがありますので、気を付けて接してあげてください。

 

スポンサーリンク

 

【川崎病とアスピリン】
川崎病に感染したら、検査結果を聞き、そのまま入院というのが一般的なのですが、退院してからも体調管理に気を付けて、何らかの変化があったらすぐに病院に駆けつけられるような心構えが必要になります。
また、川崎病の対処法、治療法には、退院してから二ヵ月から三ケ月の期間はアスピリンなどの処方された薬の服用が必須になりますので飲み忘れには注意が必要になります。

 

川崎病の対処法、治療法は、退院してからもアスピリンの服用を続けなければいけません。
原因が不確かな川崎病は、症状が発症した時には、全身の炎症などでとても辛い状態になってしまいます。
そんな時には、川崎病の対処法、治療法として、全身の炎暑王を抑えつつ、腫れや痛みの症状を和らげるアスピリンを服用する事がベストの対処法になります。
また、アスピリンは、川崎病の対処法、治療法として、症状が再発した時だけでなく、解熱効果であったり、血小板の働きを抑制する事によって、この病気の特徴とも入れる血液の流れを止まりにくくする効果がありますので、川崎病全般に効果のある対処法になっております。
また、急性期の川崎病の場合には、血管や心筋が炎症しやすいのですが、川崎病の対処法、治療法として、これらの炎症を抑える効果もあります。
その為、初期の治療中はもちろんの事、治療後も定期的に服用する必要がありますので、川崎病の対処法、治療法としてこの薬に頼った対処法しかないのです。
長い期間のみ忘れてしまうと大変な事になる可能性があります。

 

 

【川崎病の感染者がアスピリンを飲み忘れた時の対処法】
川崎病の感染者がアスピリンを飲み忘れた時の川崎病の対処法、治療法でベストな方法は、気付いた段階で一秒でも早くアスピリンを服用する事です。
川崎病の対処法、治療法として、体内にアスピリンの成分を補うためには、とにかく早く服用するようにしてください。
しかし、次の服用のタイミングと近いような場合には、次の服用は重ね飲みになってしまうので危険です。
薬の量は患者さんの体重などによって決められております。
その為、川崎病の対処法、治療法としてあまりに多く服用してしまうと、体調を崩しやすくなってしまうといった危険があるので、薬の量を調整する対処法を行って下さい。

 

川崎病は、後遺症として冠動脈瘤など、血管にこぶができ、それらが原因で重い後遺症が残る可能性があります。
その為、飲み忘れの内容に気を付けなければいけません。
仮に飲み忘れてしまった場合でも、なるべく早いタイミングで服用するようにしてください。
特に小さいお子様の場合には飲み忘れが多いと思いますので、飲み忘れた時には、今回ご紹介した対処法を行うようにしてください。

スポンサーリンク