川崎病 症状 咳がひどい

川崎病が原因で咳がひどい症状の時には

スポンサーリンク

赤ちゃんの身体は非常にデリケートに出来ております。
また、生まれてから日が浅いという事もあり、体内にある抗体の数が少なく色々な病気に感染してしまい事になります。
その中でも川崎病は非常に恐ろしい病気になっておりますので、咳がひどい症状の時には要注意です。

 

 

【川崎病は動脈に炎症が起こる病気】
川崎病は、全身の血管に炎症が起こる病気で、特に中型サイズまでの動脈に炎症が起こる病気となっております。
一般的に4歳位までの乳幼児が感染する病気となっておりますので、小さいお子様がいるご家庭では要注意となっております。
年間で10,000人程度の感染者がいる事から、乳幼児の保護者の方も他人ごとではありません。

 

 

【川崎病の症状】
この病気は徐々に症状が変化して行きますので、なるべく早い段階で病院に行く必要があります。
基本的には最初に発熱、鼻水、咳がひどいという風邪に良く似た症状が置きます。
その後、徐々に全身の血管に炎症が起きるようになっており、とても辛い状態が続きます。
この病気は、一般的には一週間から二週間程度で完治する事が多いのですが、病状によっては一ヵ月以上かかるケースもありますので油断は禁物です。

 

スポンサーリンク

 

【咳がひどいなど見落とせない川崎病の初期症状】
川崎病は、早期発見、早期治療がとても重要な病気となっております。
その為には、咳がひどいなどのような、この病気を発見する事ができる症状をしっかりと確認しておく必要があります。

 

この病気だと疑うべき症状は、5日以上の発熱、発疹、イチゴ舌、両目が充血する、手足が赤くなり腫れる、手足が固くなる、首にあるリンパ節が腫れて痛い、そして咳がひどいなどの症状があります。
これらの症状は、風邪やおたふく風邪、りんご病と酷似している部分もありますが、疑わしいと思ったら早目に病院に相談しに行くようにしてください。

 

川崎病だと疑うべき病状を覚えておけば、疑わしいと思った時に、直ぐに病院で診察、検査を受ける事ができます。
小さな子どもにとっては大きな負担になりますので、咳がひどいなど気になる状況がきましたら、なるべく早く病院へ連れて行ってあげてください。
特に乾燥する季節は咳がひどい状態になりやすいので要注意です。

スポンサーリンク