川崎病 発疹 かゆみ 対処法

川崎病でかゆみの強い発疹が出た時の対処法

スポンサーリンク

川崎病には色々な症例があったり、根本の原因が解明されておりませんので非常に恐ろしい病気となっておりますが、その中でも特に症例の少ないかゆみを伴った発疹についてはあまり知られておりません。
そこでこちらのページでは、川崎病でかゆみの強い発疹と症状が出た時の対処法などについての情報をご紹介します。

 

 

【川崎病以外の発疹】
かゆみの強い発疹は、川崎病だけではなく他の病気の可能性もあります。
例えばアレルギー系の病気や蕁麻疹、疥癬、体部白癬、水疱性類天疱瘡、皮脂減少性皮膚炎、貨幣状皮膚炎などがありますので、川崎病だと断定する事は難しいと思います。

 

特に初期段階では症状が強く現れておりませんので、発疹の量やあまりかゆいと言われなかったので市販のかゆみ止めなどを塗布する対処法しかしておりませんが、時間が経つにつれ、その対処法では効果が薄くなるケースがあります。
原因に合わせた正しい対処法が必要になってくるのです。

 

スポンサーリンク

 

【川崎病でかゆみの強い発疹が出た時の対処法】
川崎病でかゆみの強い発疹が出た時の対処法としては、患部を良く冷やすというのが一番の対処法になります。
濡れタオルであったり、氷嚢に清潔なガーゼやタオルをくるんだもので患部を冷やしてあげる事でかゆみを抑える事ができます。

 

それでもおさまらないようであったり、冷やす事が難しい部位に症状が現れてしまった場合には、川崎病用のかゆみどめクリームなどを処方してもらい塗布する事もあります。
発疹はあるけど全然かゆくないという方も大勢いらっしゃいますので、まずは、感染したお子様の状況をしっかりと判断した上で対応するようにしてください。

 

川崎病に感染した方の中で、かゆみをともなう発疹が出る方の割合は、およそ1パーセントと非常に少ない割合となっておりますので、感染した方でも知らないという方も多いと思いますが、しっかりとケアしてあげる事で、感染しているお子様の負担を減らす事ができますので絶対に覚えておいてください。

スポンサーリンク