川崎病 入院費

川崎病で入院費をお得にする方法

スポンサーリンク

検査で川崎病だと診断されたら、最初に一週間から10日くらいは入院しなければいけません。
その為、お子様の川崎病の治療費も重要になってきますが、それと同時に入院費用などの治療費も心配になってくると思います。
そこでこちらのページでは、入院費などを含めた、川崎病の治療費についての情報をご紹介します。

 

 

【川崎病の入院費】
川崎病の入院費は、入院費用だけでしたら一般の病気と変わりませんが、川崎病の治療として一般的な血液製剤のガンマグロブリンの投与であったり、体温の計測や水分量、尿量等の計測、心臓エコーなど色々な検査が付随しておりますので、入院費用以外にも色々とお金がかかってきます。

 

その為、10品間の入院だとしたら、およそ70万円から80万円の治療費が入院費を含めて必要になります。
このおよそ70万円から80万円という金額は、健康保険が使用できなかった場合になりますので、結構保険に加入後は、70万円から80万円の三割負担となりますので、20万円から27万円程度が入院費を含めた治療費になります。

 

スポンサーリンク

 

【川崎病で助成金制度を利用する】
健康保険に加入しているとはいえ、それでも20万円以上の金額がかかってしまいますので家計的には大きな負担になる事は間違いありません。
しかしながら、日本には高額療養費制度がありますので、最大で8万円程度の負担に抑える事ができます。

 

また、感染したお子様が4歳以下の乳幼児であった場合には、乳幼児・こども医療費助成制度を利用する事ができます。
詳しい年齢であったり、助成してもらう事ができる金額などは自治体によって異なりますので、必ず事前に自分が加入している自治体に相談するようにしてください。
多くの自治体の場合には、未就学児の治療費は、入院費を含めて自己負担なしといったケースが増えておりますので、かなり負担を減らす事ができます。

 

いきなり川崎病だと診断された場合には、右も左もわかりませんので同様してしまうケースが考えられます。
そんな状況でいきなり大金が必要となってしまったらパニックになってしまうと思います。
そんな時に、助成金などの事を覚えていると冷静に判断する事ができますので、ぜひ覚えておくようにしてください。

スポンサーリンク