川崎病 解熱剤 効果

川崎病の発熱時に解熱剤を投与する効果

スポンサーリンク

川崎病は、症例が発見されてまだ歴史の浅い病気という事もあり、根本的な原因であったり治療法などは確率されておりません。
その為対処療法でしか対応できないといった問題があります。
特に症例のひとつでもある発熱は、解熱剤の効果が見込めないといったケースが多くあります。
そこでこちらのページでは、川崎病の発熱時に解熱剤を投与する効果などについての情報をご紹介します。

 

 

【川崎病の発熱時に解熱剤を投与する意味】
川崎病は非常に謎の多い病気となっており、市販の解熱剤では効果が無いケースもあります。
特にご自宅でお子様が発熱したので解熱剤を投与したけど効果が無かったので病院に来たら川崎病であったというケースは少なくありません。

 

もちろん解熱剤の効果が無かったからといって100パーセント川崎病であるということはありませんが、解熱剤を塗布しても効果が表れないという事は、何らかの重い病気の可能性がありますんで、直ぐに病院へ連れて行ってあげてください。

 

スポンサーリンク

 

【川崎病と解熱剤の関係性】
川崎病は、5日以上38度以上の高熱が続く症状があります。
お子様の体調が悪い時などは40度以上の高熱が出るケースもありますので、小さな乳幼児は非常に危険です。
この発熱に関しては解熱剤だけでなく抗生剤の効果もありません。
そのため、正しい検査、正しい治療を行い、一刻も早く熱を下げる必要があるのです。

 

 

【熱を下げるにはガンマグロブリン】
川崎病の治療で一般的となっておりますガンマグロブリンの投与は、症状の一つでもある発熱を抑える効果があります。
それまで色々な事をしてきたけど熱が下がらなかったというお子様でもガンマグロブリンを投与しただけで直ぐに熱が治まったというケースはすくなくありません。
発熱中はどうしても体力を奪われますので、ガンマグロブリンの投与をなるべく早くするようにしてください。

 

最近ではガンマグロブリンの効果によって後遺症が残るようなケースはほんとうに珍しくなりましたが、やはり治療の開始時期が遅れてしまいますと、どうしても重病化しやすくなってしまいます。
特に未就学児の場合には、どうしても体力的な心配もありますので、早目に病院へ連れて行ってあげてください。

スポンサーリンク