川崎病 タバコ 影響

川崎病とタバコの影響について

スポンサーリンク

川崎病というのは、子供に多いといわれる病気です。
名前は知られているのですが、歴史自体はまだまだ浅いもので、世界中で研究が行われています。
タバコが川崎病に与える影響はどのようなものがあるのでしょう。

 

 

【川崎病とは】
川崎病は、正式名称が急性熱性皮膚粘膜りんぱ腺症候群と呼ばれるものです。
全身の欠陥に炎症が起こる病気であって、病気の名前は発見者である川崎富作の名前からつけられているのです。

 

 

【どのような人が発症するのか】
川崎病は1歳前後の赤ちゃんに発症することが多い他、女性よりも男性の方が発症しやすい傾向があります。家族内での発症も多く見られる他、東アジア内での発症が多いのも特徴的です。

 

 

【症状について】
川崎病の症状は、風邪のようなものから始まります。
そして、全身の血管に炎症が起こります。
炎症は早ければ1週間から2週間、長ければ1ヶ月程度続きます。
その他に見落としては駄目な川崎病の症状が、5日以上の発熱、両目の充血、イチゴ舌、発疹、手足が赤くなる、硬く腫れる、首のリンパ節が腫れるといったものです。

 

スポンサーリンク

 

【川崎病とタバコの影響】
この病気の人は、タバコを吸うことが出来ないとされています。
そもそも赤ちゃんの病気であることからタバコ自体が無理ということもあります。
また、後遺症もあって、心臓の動脈にコブが出来る可能性がありますから、大人になったときにタバコを吸うと、その影響によって心筋梗塞などになる可能性が高くなります。
煙の影響によって動脈硬化の促進をしてしまうこともありますから、避けるのがベターです。

 

 

【吸っても良いタバコ】
影響がないものなら問題はありません。
たとえば、電子タバコの場合だと、タールやニコチンなどの有害物質が含まれていませんから問題はありません。
川崎病の人はタバコの影響がありますから、出来る限りタバコを吸うのは控えておきたいところです。
それでなくとも、身体に影響があるわけですから、極力避けることをお勧めしたいところです。

スポンサーリンク