川崎病 助成金

川崎病は助成金対象の小児慢性特定疾病か

スポンサーリンク

これまでは、ある特定の難病にしか適応されなかった医療費の助成金ですが、平成27年の1月から助成金を受け取る事ができる小児慢性特定疾病や難病の数は拡大される事によって、より多くの医療費の助成金を受け取る事ができるケースが増えてきました。

 

 

【川崎病は助成金対象の小児慢性特定疾病】
川崎病は助成金対象の小児慢性特定疾病です。
健康保険や地方自治体の医療費助成制度をフルに利用する事ができますので、大きな負担がありませんのでとても助かります。
もちろん、手放しで助成金を使用する事ができるわけではありませんので、しっかりと手続きを行う必要があります。

 

 

【乳幼児医療費助成制度】
川崎病は助成金の中でも乳幼児医療費助成制度というものが使用できます。
乳幼児医療費助成制度は、年齢制限のある助成金ですが、川崎病が主に4歳以下の乳幼児に感染することからも、乳幼児医療費助成制度を利用する事ができるのです。
自治体によって乳幼児医療費助成制度の年齢をはじめとする条件が異なりますので必ず確認してください。

 

スポンサーリンク

 

【一般的な助成金の条件】
各自治体によって異なるのですが、一般的に多いのが未就学児の治療費の自己負担はなしという所です。
川崎病の場合には4歳以下になりますので未就学児の治療費の自己負担はなしという部分に該当します。

 

また、中には家族の所得に関係なく治療費であったり、入院費用の全てを助けてくれる自治体なども増えて来ております。
川崎病の場合には、診断結果が出たらすぐに入院になります。
入院期間は約一週間となっておりますが、発熱がぶり返すような場合には、10前後に伸びる可能性があります。
ただでさえ高額な治療費の上に、入院費用まで負担となると、いくらお金があっても足らなくなってしまいます。

 

幸い川崎病は乳幼児医療費助成制度によって未就学児の治療費の自己負担はなしという所が多くなっておりますので、自己負担を考えずに治療に専念する事ができます。
その為、お金が無いから病院に行きたくないなどと思わずに、早目に病院で検査をうけてください。

スポンサーリンク