川崎病 大人 症状

川崎病に大人がなった場合の症状について

スポンサーリンク

一般的に子供の病気として知られる川崎病ですが、ならば大人は発症しないのかというのは気になるところではないでしょうか。
川崎病は大人も発症するのか、これについてはいったいどうなのかそうならば症状はどうなのかということについて紹介していきます。

 

 

【大人でも発症するのか】
川崎病は子供の病気、赤ちゃんに発症することが多いとされているのですが、実は大人でも成人する可能性はあるのです。
川崎病は急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群と呼ばれているのですが、1歳をピークとして4歳以下の乳幼児に見られることが多いものです。
ただ、大人の場合でも川崎病を発症する可能性はあるのです。

 

 

【合併症の可能性】
大人の人がこの病気になると、合併症を起こす可能性があります。
モヤモヤ病といって、脳に十分な血液がいかなくなる病気もありますし、肝機能に以上をきたす可能性もあります。
また、関節痛を伴う関節炎、心筋梗塞などになる可能性もあるのです。

 

スポンサーリンク

 

【再発の可能性】
川崎病の症状ですが、これは仮に治療をして症状がなくなったとしても油断できません。
なぜならば、数ヵ月後から数年後には再発する可能性があるもので、そもそも免疫が出来る病気ではないのです。
子供のときにかかった場合には、大人になってから再発する可能性も捨てきれないわけですから、それらしい症状があった場合にはすぐに病院に行くことが大事です。

 

 

【川崎病の症状について】
川崎病の症状は主に6つあります。
原因不明の高熱が5日以上続くこと、前進に大きさの違う発疹が出る、下の表面にイチゴのようなツブツブが出来る、手足の先が赤く腫れる、指先の皮がめくれる、首のリンパ節が腫れる、両目の充血があっても目ヤニは出ないといったところです。
この6つの症状のうち5つが当てはまると川崎病との診断がされるのです。

 

大人の人がこの病気になった場合には合併症を起こす可能性が高いです。
ですから、治療は適切に行われなければなりません。
後遺症が残った場合には、心筋梗塞を招く可能性がありますから、注意が必要となります。

スポンサーリンク