川崎病 遺伝する

川崎病とは遺伝する病気なのかについて

スポンサーリンク

川崎病が発症するのは大体子供だとされています。
大人もかかるといわれているわけですが、やはり子供の割合の方が高いです。
子供がかかるということもあって、これは遺伝なのかと思っても仕方がないでしょう。
実際、川崎病は遺伝するのでしょうか。

 

 

【川崎病と遺伝】
川崎病は発見されてから50年近くが経過しています。
当然その間にも研究は進められているわけですし、早期発見ならば治療効果も高いものとなりました。
同時に遺伝するのかということへの調査も進められているのです。
そして、結論的には、親から子供に対する遺伝の可能性が認められているのです。

 

 

【川崎病の発症について】
遺伝する可能性がある病気ということですが、生まれつき持っている個人の体質に対して、細菌感染などといった要因が加わることによって川崎病が発症する可能性があるとされているのです。

 

スポンサーリンク

 

【可能性について】
両親のどちらかが川崎病の経験をしていたとしても、必ず遺伝する、発症するとは限らないところがあります。
また、兄弟両方ともが揃って症状が出るというケースはごくまれといわれていますが、可能性としては十分にあります。
遺伝の可能性はあるにしても、実際に川崎病の発症をするまではいかないことが多いとも言われているのです。

 

 

【日本人の発症について】
川崎病は遺伝の可能性はありますが、感染の可能性はありません。
一時期は感染症が疑われた時期もあったりしたわけですが、それはないといわれているのです。
日本人が持っている遺伝子は、病気の発症に深い関連を持っているとされており、その遺伝子を持った日本を含めた東アジア地域の人がこの病気になる例が多いとされています。

 

実際にこうした遺伝することに関する研究を行ったグループによる報告がされているとのことなのです。
研究が進み、遺伝することが判明しているわけですが、結局は日ごろの健康管理が肝になってきます。
遺伝するしないに関わらず、可能性があると常に考えることも大事かもしれません。
子供は自分で健康管理が出来ないですから、しっかりと親が見てあげることが大事となります。

スポンサーリンク