川崎病 治療 副作用

川崎病の治療の副作用について

スポンサーリンク

川崎病は一切前後の子供が発症しやすい病気だと言われています。
原因が不明であるこの病気は、全身の血管が炎症を起こし高熱を発するというものです。
アスピリンと呼ばれる薬が川崎病の治療に用いられるわけですが、これにはどのような副作用があるのでしょうか。

 

 

【川崎病について】
川崎病とは、正式名称を急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群と言います。
川崎という地名は関係なく、発見者の名前をとったものとなっています。
原因ははっきりとは解明されてはいませんが、免疫異常、あるいは体質が影響しているといわれています。

 

1歳前後での発症が多いとされており、血管が炎症を起こします。
それにより、高熱をはじめとした多くの症状が出てきます。
血管の炎症が引き金になり、冠動脈瘤を発症させる可能性もあり、症状が進むと心筋梗塞になる可能性もありますから十分に注意が必要となるのです。

 

スポンサーリンク

 

【川崎病の治療について】
川崎病の治療についてですが、発症する原因が分からないこともあって、根本的な治療法があるわけではないのす。
ですから、対症療法を行うことになるのですが、冠動脈瘤を発生させないようにするために、血管の炎症を抑えるために免疫グロブリンと呼ばれる血液製剤を投与します。

 

そしてそれと並行してアスピリンという経口薬の投与を行うのです。
アスピリンには解熱・鎮痛効果も期待できるため、川崎病の治療における症状緩和にも一役買ってくれるというわけです。

 

 

【アスピリンの副作用】
川崎病に用いられるアスピリンの副作用についてですが、服用後には体温が下がりすぎる可能性があります。
また、副作用により手足が冷たくなってしまう可能性もありますから気をつけたいところです。
別の副作用については可能性として、アナフィラキシーショックを起こすこともありますし、消化器官に潰瘍が出来る可能性もありますし、肝機能障害を起こしてしまうことも考えられます。

 

川崎病の治療には適切な処置が必要になるのですが、副作用にもやはり気をつけたいところです。
治療中に身体に違和感を感じた場合には、副作用によるものの可能性もあるため、すぐに担当の医師に相談するようにしましょう。
場合により治療の方針が変わることもあります。

スポンサーリンク