川崎病 退院後 注意点

川崎病の退院後の注意点

スポンサーリンク

川崎病は早期発見をして、適切な治療が行われればほとんどは問題のない病気となりました。
川崎病の治療を受けて、退院後の注意点というのはどのようなものがあるでしょう。
実は、気をつけておいた方が良いものもあるのです。

 

 

【再発予防のために】
川崎病は、4歳くらいまでの子供がかかりやすい病気です。
血管の炎症が全身に起こるものですが、再発率は4.2%程度となります。
心臓に後遺症が残る可能性は2.6%となっています。
この数値を見る限りは、ほとんどの場合に後遺症は残りませんから安心です。
そうした場合には運動や食事に関しても制限されることはありません。

 

 

【定期健診は必要】
何かにつけて制限されることはありませんが、川崎病の退院後の注意点として、抗血小板薬を服用すること、そして定期健診を受けることが求められます。
どのくらい継続するのかというのは、担当する医師によって違いますから注意点としては退院後の指示にはきちんと従うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【何に気をつけるべきなのか】
川崎病の退院後の注意点としては、具体的に注意したいところとして、生活習慣病予防に対して効果的な生活を送ることが大事です。
具体的に言うと、栄養バランスがとれた食事、腹8分目を心がけるようにすること、コレステロールや等質がたくさん含まれたものを控えめにする、成人であれば禁煙するといったことが大事になります。
また、退院後には治療薬の投与が2ヶ月から3ヶ月続けられることもあり、注意点と言えばそれが必要です。

 

 

【薬服用の注意点】
退院後の薬の注意点としては、大きな怪我をしないようにすることです。
抗血小板薬として知られているアスピリンですが、これは血液を固まりにくくして、血栓を造らないという効果があるのです。
ですから、服用時には血が止まりにくくなってしまうため、怪我には気をつけたいところです。

 

退院後だからといっても、安心は出来ないところがあるのが川崎病の特徴です。
特に、川崎病の場合は生活習慣に十分に気をつけるようにしたいところです。

スポンサーリンク