川崎病 保険 入れない 原因

川崎病では保険に入れない原因とは

スポンサーリンク

川崎病は実は保険に入ることが出来ないことがあります。
病気だから入ることが出来るのは当然と思われるかもしれませんが、実はそうではないのです。
それでは、それはどうしてなのかということについて紹介します。

 

 

【子供の場合について】
子供の場合だと、怪我や病気で入院するようなことになった場合でも、個人負担はほぼありません。
これは、健康保険の高額医療費制度、あるいは小児医療助成制度があるためです。
そのため、子供のころから終身保険に入るケースは少ないと思われます。
上記のような制度があれば、子供のときだけ適用されるものに加入しておけば十分だと考えられるからです。

 

 

【考えるべきところ】
ここで考えておきたいところが、小児医療費助成制度が適用されない歳になる、あるいは子供医療保険が満期を迎えた後のことです。
乳幼児のときに川崎病になっていると、成人したときに新しく保険に入れないケースがあるのです。

 

スポンサーリンク

 

【川崎病で保険に入れない原因】
川崎病は、その病気の特性上どうしても後遺症が出るケースがあります。
もしも入れない原因としてはずばりそこにあると見ても良いでしょう。
保険に加入するための条件としては、大体の会社は身体が健康であることを条件としています。
でなければ、加入した時に掛け金をあまり払っていない状態でも適用されてしまう可能性が出てくるからで、だから入れない原因が出来るというわけです。

 

川崎病でなくとも、何かしら病気を持っている、後遺症があるという場合、やはりそれが原因で保険に入れないケースがあるのです。
川崎病の場合、過去5年以内になって、心筋梗塞がありその治療を受けた場合には保険には入れないのです。
原因としてはこのあたりにありますが、完治してから5年以上経過した場合には加入できるとされています。

 

会社としては、川崎病が加入できないとは明記していないのですが、入れない原因になるかもしれないとしても、しっかりと治療暦については明記しておくことをお勧めします。
そして、入れない原因をなくすためにも子供のころから終身タイプのものを選ぶことをお勧めしたいです。

スポンサーリンク