川崎病 炎症反応 数値 CRP

川崎病の検査で確認するCRPは炎症反応の数値

スポンサーリンク

小さい4歳以下のお子様が感染する川崎病は、原因がはっきりとわかっていない難病です。
川崎病の症状で多い高熱が数日続くような時などは、感染者にもしもの事があってはならないために、血液検査を行うのが一般てきとなっております。
その時にCRPという見慣れない値を見かけると思います。
こちらのページでは、このCRPなどについての疑問点についてご紹介していきます。

 

 

【川崎病で炎症反応の数値】
川崎病に感染している方が検査を行った時、その検査血管で最も注意しなければいけないのはCRPという数値です。
このCRPは、C-Reactive Proteinの略称となっており、C・リアクティブ・プロテイン、つまりC反応性蛋白のことになります。

 

なぜ川崎病の検査でこのCRPに注目しなければいけないのかというと、このCRPは、体の中で炎症などが起きると血液中に出現するタンパク質だからです。
体内の血管で炎症を起こす川崎病は、このCRPの数値によって炎症反応の度合いを確認する事ができます。

 

つまり、CRPの値が高ければ高いほど、体内の炎症反応は激しくなっており、危険だという事になります。

 

スポンサーリンク

 

【炎症反応の数値】
炎症反応の数値の基準としましては、0.3mg/dl以下の数値がベストで基準の許容範囲内となります。
0.4mg/dlから0.9 mg/dlの数値になりますと軽い炎症反応が確認できます。
1.0mg/dlから2.0 mg/dlは中程度の炎症反応、2.0mg/dlから15.0 mg/dlは中程度以上の炎症反応、15.0mg/dlから20.0 mg/dlになると重度の炎症反応になり、重い疾患発症の可能性ある事がわかります。

 

川崎病の検査で確認するCRPは、川崎病の症状の進行具合をチェックするために非常に重要な数値になります。
その為、熱が下がらないという時には、検査を行いこの数値をチェックするのです。

 

川崎病は、はっきりと原因が分からない恐ろしい病気です。
ほんの数パーセントですが、重い後遺症が残る可能性などもありますので、十分に注意し、何らかの異変がありましたら早目に検査をしてもらってください。

スポンサーリンク