川崎病 予防接種 原因

なぜ川崎病の原因が予防接種と言われているのか

スポンサーリンク

川崎病は4歳以下の子どもにのみ感染し、血管を収縮したりふさいでしまう事によって炎症などを起こす恐ろしい病気です。
2017年の8月現在において確実な原因は見つかっておらず、国の難病にも指定されております。

 

しかし、川崎病の事を調べていくと、どうやら予防接種が原因だと書かれているブログやホームページを見かける事があります。
そこでこちらのページでは、予防接種が本当に関連されているのかという事や、なぜ川崎病の原因が予防接種と言われているのかについての情報をご紹介していきます。

 

 

【インフルエンザの予防接種】
なぜ川崎病の原因が予防接種と言われているのかを調べていくと、川崎病に罹患した患者の中の1つの例によるものだと言われています。
その例は、2歳の女の子の発症例なのですが、インフルエンザワクチンの二回目の予防接種を受けてから8日後に発熱し、川崎病の症例でもある体や手足の紅斑や、目の充血、口唇の赤い腫れ、首のリンパ節の腫れの症状が現れた事から川崎病と診断されました。

 

この注射をしたインフルエンザワクチンには、チメロサールという水銀を含む成分が防腐剤として添加されていたのですが、このチメロサールは、添加はこの好ましくないと考えられている事から、他の予防接種ではさけられているのですが、インフルエンザの予防接種には使われ続けているからです。

 

スポンサーリンク

 

【川崎病の子どもへのワクチン注射】
感染原因とは違うのですが、同じ予防接種の情報ですと、川崎病の子どもへのワクチン注射は効果が弱いと言われています。
特に水ぼうそうやおたふくかぜワクチンの注射はほとんど効果がないことが検査の結果、わかっております。
お子様が感染している場合には、水ぼうそうやおたふくかぜワクチンの注射は、相談が必須だと言えます。

 

そもそもの原因は未だに解明されておりません。
その為、色々な事が原因だという仮説が多く広がっております。
2016年の理化学研究所のグループの研究の発表では、日本人に高頻度で見られる一塩基多型が原因ではないかという研究結果が発表されております。
これにより、より原因の究明に拍車がかかるものだと期待されております。

スポンサーリンク