川崎病 アスピリン 飲み忘れ 対処法

川崎病の感染者がアスピリンを飲み忘れた時の対処法

スポンサーリンク

川崎病に感染したら、検査結果を聞き、そのまま入院というのが一般的なのですが、退院してからも体調管理に気を付けて、何らかの変化があったらすぐに病院に駆けつけられるような心構えが必要になります。
また、退院してから二ヵ月から三ケ月の期間はアスピリンなどの処方された薬の服用が必須になりますので飲み忘れには注意が必要になります。

 

 

【川崎病とアスピリン】
川崎病は、退院してからもアスピリンの服用を続けなければいけません。
原因が不確かな川崎病は、症状が発症した時には、全身の炎症などでとても辛い状態になってしまいます。
そんな時には、全身の炎暑王を抑えつつ、腫れや痛みの症状を和らげるアスピリンを服用する事がベストの対処法になります。

 

また、アスピリンは、症状が再発した時だけでなく、解熱効果であったり、血小板の働きを抑制する事によって、この病気の特徴とも入れる血液の流れを止まりにくくする効果がありますので、川崎病全般に効果のある対処法になっております。

 

また、急性期の川崎病の場合には、血管や心筋が炎症しやすいのですが、これらの炎症を抑える効果もあります。
その為、初期の治療中はもちろんの事、治療後も定期的に服用する必要がありますので、この薬に頼った対処法しかないのです。
長い期間のみ忘れてしまうと大変な事になる可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

【川崎病の感染者がアスピリンを飲み忘れた時の対処法】
川崎病の感染者がアスピリンを飲み忘れた時の対処法でベストな方法は、気付いた段階で一秒でも早くアスピリンを服用する事です。
体内にアスピリンの成分を補うためには、とにかく早く服用するようにしてください。

 

しかし、次の服用のタイミングと近いような場合には、次の服用は重ね飲みになってしまうので危険です。
薬の量は患者さんの体重などによって決められております。
その為、あまりに多く服用してしまうと、体調を崩しやすくなってしまうといった危険があるので、薬の量を調整する対処法を行って下さい。

 

川崎病は、後遺症として冠動脈瘤など、血管にこぶができ、それらが原因で重い後遺症が残る可能性があります。
その為、飲み忘れの内容に気を付けなければいけません。
仮に飲み忘れてしまった場合でも、なるべく早いタイミングで服用するようにしてください。
特に小さいお子様の場合には飲み忘れが多いと思いますので、飲み忘れた時には、今回ご紹介した対処法を行うようにしてください。

スポンサーリンク