川崎病 発疹 消える 原因

川崎病の発疹の原因と跡は消えるのか

スポンサーリンク

川崎病には、代表的な症状が大きく分けて6つあります。
高熱、両目の結膜も充血、口唇や口内、舌が赤くなる、不定形発疹、手足のむくみ、頸部リンパ節腫脹です。
このうち5つ程度が該当していれば、ほぼ川崎病で間違いありません。
この症状の中でも特に見た目が派手な不定形発疹は、感染者よりも保護者の方が心配になってしまいます。

 

 

【川崎病の発疹の症状】
川崎病では、不定形発疹という症状があります。
この症状は、赤みを帯びた斑点なのですが、どこに出て、どのくらいの大きさで出るのかが全く決まっていない赤い斑点になります。
出るタイミングで多いのが、熱を出してから二日から三日が経過した時期が最も出やすく、出る場所は手足が多くなっております。
この赤い斑点は、非情にかゆくて仕方がない症状もあれば、全くかゆみがないような症状もあります。

 

 

【川崎病で発疹が出る原因】
発疹が出る原因は未だに不明瞭な部分が多い為、確実な原因の特定には至っておりません。
しかしながら、最近の研究結果では、溶連菌のA群連鎖球菌や外毒素のSPECなどのたんぱく質が原因ではないかという説が有力になっております。
特に外毒素のSPECは、発疹の原因というだけでなく、発熱であったり、紅斑などを引き起こす原因として注目が集まっております。

 

スポンサーリンク

 

【跡は消えるのか】
保護者の方が心配するのは川崎病の発疹の跡は消えるのかどうかという事だと思います。
まだ小さいお子様の身体に残ってていまって消えないのであれば、本当にかわいそうです。
でも安心してください。
一般的には消える事の方が多いようです。

 

基本的には跡が残らずにキレイに消えるのですが、一部、かゆみが強くでてしまって引っ掻いてしまったような場合には引っ掻き傷残ってしまい消える事はありません。
その為、かゆみどめなどを塗布してあげ、引っ掻かないようにケアしてあげればキレイに消える事になります。

 

色々な症状のある川崎病ですが、原因がはっきりしていないという事もあり、多くが対処療法しか選択肢がありません。
その為、不安になる部分も多いかも知れませんが、早目に病院で正しい治療を行えば後遺症も残らずキレイに消えるので安心です。

スポンサーリンク